体脂肪

女性ホルモンは「体脂肪」、男性ホルモンは「筋肉」

女性ホルモンの関係で、女性のほうが男性よりも体脂肪がつきやすいということがわかっています。
女性ホルモンには脂肪の合成を促す働きがあるからです。
さらに、女性の場合は出産にかかわる生活形態にも原因があるのです。。

 

女性にとって、性成熟期は妊娠・出産・授乳・育児と女性として忙しい時期となります。
妊娠中は胎児を育てるためにエネルギーの摂取量が増えますが、運動量は低下するため、体脂肪が必要以上に増える傾向になります。

 

授乳期も母乳を出すために過食となりやすく、育児が優先になることから運動量も落ちています。
もっとも体重の増加に拍車がかかりやすい時期なのです。
妊娠前に比べると、5〜6kg くらいは体重が増え、次の子どもを出産するまでに元の体型に戻らなければ、さらに体脂肪が増えることになるのです。

 

そのうえ、女性ホルモンの分泌量が減り、排卵の能力も落ちる40才代後半から50歳代前半にあたる更年期は基礎代謝も低下します。
この時期は更年期障害などによる情緒不安定から過食に走る女性も多く、よりいっそう肥満になりやすい時期となります。

 

ちなみに、過剰な体脂肪は女性ホルモン代謝の障害になり、子宮体ガンを引き起こす誘因ともいわれています。

 

男性ホルモンはたんぱく質の合成を促進させる働きを持つことから、一般的に男性は体脂肪がつきにくく、筋肉質な身体をもつ仕組みとなっています。
このことから、男性の肥満は女性の肥満とは異なり、食べすぎや運動不足など、ほぼ100%が生活習慣の乱れにより引き起こされているのです。

関連記事

女性ホルモンは「体脂肪」記事一覧

脂肪はダイエットの敵じゃない

ダイエットをしている女性にとって、脂肪は嫌われものです。「この脂肪さえなければ、もっとスタイルがよくなるのに」と思っている人も少なくないでしょう。ところが、女性のスタイルを美しく見せるには、ある程度の「脂肪」=「ぜい肉」は必要不可欠なものなのです。よく「メリハリボディ」とか言いますが、バストのボリュ...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ