食物繊維

食物繊維はダイエットの救世主

人の消化酵素では消化されない食物中の成分が食物繊維です。食物繊維は水溶性と不溶性に分けられます。水溶性は水に溶ける食物繊維で、腸内でゲル状となって老廃物や有害物質を包み込むようにして体外へと排出します。水溶性は果実、こんにゃく、わかめ、ひじきなどに豊富に含まれています。

 

一方、ほうれん草、ブロッコリー、ごぼう、にんじん、大豆などに多く含まれる不溶性は、腸内の老廃物や有害物質をホウキのように掃き出して体外へと排出してくれます。

 

少なくとも1日20グラムの食物繊維を摂取するのが理想です。ダイエット中は食事量が減るために便秘などが起こりやすくなるので、意識的に食物繊維をとるようにしましょう。

 

食物繊維のチカラにはつぎのようなものがあります。

 

@整腸作用があり、便の量を増やして便秘を解消します。

 

A食べものが腸内にとどまる時間を短くすることで発ガン物質などの排せつを促進します。

 

B血糖値の上昇を遅らせる効果をもち、糖尿病を予防します。

 

Cカロリーゼロなので食事のカサを増やすことができ、少量でも満腹感を得ることができます。

 

D繊維質が多いため必然的に噛む回数が増えます。結果、唾液の分泌が増えて消化を助けるとともに、噛むことで脳細胞を活性化させることもできます。

 

E血中コレステロール値を下げて、動脈硬化を予防します。

 

良いことづくしの食物繊維はたっぷりと摂取しましょう!!

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ