ダイエットの基本

ダイエットの基本は「3食きちんと」

「5大栄養素+食物繊維をバランスよく。1日30品目以上」これが食事の理想です。ただし、実生活のなかではこれを実践するのはなかなか難しいものです。

 

そんな人は、せめて習慣的に食事内容をチェックして、自分の食事内容がかたよっていないか、高カロリー食を摂取しすぎていないかなどを確認するようにしましょう。

 

2週間ほど朝昼晩の3食+間食の内容を記録し、自分が1日に食べたものをチェックすることで、いかに自分の食事にかたよりがあるか、どのくらい食べすぎているのかを自覚することができます。

 

食生活の問題点を自覚するだけでも、食習慣はかなり改善されていくはずです。また、減量中でも5大栄養素であるタンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維はかたよりなく摂るようにしましょう。

 

食べる量を減らすのはそう簡単なことではありません。そこで、食べる量はいままでどおりにして、満足感はそのままにダイエットを成功させるには、低カロリーな食材を選んで食べることが必要です。

 

また、調理法などを工夫して、量は減らさず、摂取カロリーを落とすようにしましょう。毎日一定の食事量を摂る生活を続ければ、摂取したエネルギーは有効に使われるようになり、脂肪をため込みにくくなるはずです。

 

一方、不規則な食事時間や食事を抜くことがあると、脳や身体の機能が低下して自然と活動量も減り、身体は脂肪ためやすくなります。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ