体脂肪 減らす

半身浴や足湯でも体脂肪は減らせる!

入浴で発汗することでエネルギーの消費量は高まるものの、筋肉運動がともなうわけではないので、運動で消費するエネルギーに比べると低くなります。

 

しかし、40℃以下の足湯で20分、または半身浴で30分など、発汗を促進させることで、30〜50キロカロリー程度は消費できます。ただし、身体の表面積の大きさや年齢などによってエネルギー消費量には差があります。

 

半身浴でもお湯の温度は高すぎないようにしましょう。上半身が寒く感じるときはタオルなどを肩にかけると寒さを感じずにすみます。また、朝など、すぐに仕事モードに入りたい場合には、これより高めの40〜42℃程度のお湯につかり、さっとひと汗かく程度にしましょう。これだけでも自律神経が刺激され、仕事モードへとすばやくスイッチできるはずです。

 

足だけをお湯につける足湯をするだけでも全身の血液循環がよくなり、身体全体が温まって疲労回復効果&リラックス効果を高めることができます。

 

高血圧や心臓病、脳血管障害などの持病を持つ人は半身浴をする場合は、お湯はやや低めの温度にしましょう。39〜40℃程度の温度のお湯につかり、入浴する時間も長くなりすぎないようにしましょう。水位は胸までとします。

 

温泉気分を味わえるもの、発汗作用を促進させるものなど、さまざまな入浴剤が市販されていますが、アロマ効果のあるものなどは心身をリラックスさせ、疲れを癒してくれます。これだけでも、十分にダイエット効果があります。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ