高温サウナ

高温サウナに何時間いても痩せません

よく「水を飲んでも太る」という人がいますが、それはむくんでいるだけです。肉や脂肪がついて太ったわけではありません。高温サウナは、その反対です。サウナにいって、汗をどんどんかけば、カラダにある水分が減ります。だから、体重計に乗れば減ったように感じますが、残念ながら肉や脂肪が減っているわけではありません。

 

高温サウナは基本的に100度ですから、交感神経を優位にさせます。そのあとで水風呂に入ると、さらに交換神経が優位に……。もともと元気な人にとっては代謝をあげるのでかまいませんが、カラダが弱いので強くしたいとか、冷えを治したいと思っている人がこのサウナに入ると、逆効果です。

 

むしろ体が冷えている人が、高温サウナに入ると、10分くらいでカラダがゾクゾクしてくることがあります。無理やり交換神経を優位にして、末梢血管を開かせて汗をかかせているのですが、いい汗ではないのです。こんな汗を出してもストレスになるばかりで、ちっとも痩せません。

 

水が抜けることで体重が減ったように見えるだけ。水で痩せるのは簡単です。体重の1割くらい、簡単に減ってしまいますが、水を飲めばまたすぐに戻ってしまう。本当に体重を減らすのは、そのあと脂肪などをどうやって燃やすかですからね。

 

もう一つ、高温サウナで怖いのは、体重を減らしたいばかりに水を飲まずに頑張ってしまい、脱水症状を起こしてしまうことです。当然のことですが、サウナで落ちた体重は、出てからの1杯のビールで帳消しです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ