カラダを温める

ぬるめのお風呂に、ゆっくり浸かろう

汗をかくことができないのは、交感神経が弱っている状態です。このような方には、上手に汗をかけるよう、お風呂に入ってカラダを温めることをオススメしています。

 

やり方は、38〜39度くらいのぬるいお風呂に10〜30分、ゆっくり浸かるだけ。入浴時に効果的な温度は、湯船に浸かった瞬間に「気持ちいいなあ」「温かいなあ」と感じる温度です。

 

個人差はありますが、気持ちいい温度の目安は、38〜40度。38℃とは、誰が入浴しても寒くなく、湯船から出た瞬間、やや肌寒さを感じる温度。これくらいの温度だと長時間浸かっていられるのです。

 

また、40分を境にリラックス効果と目覚めの効果が切り替わります。40度以上は交感神経が優位に立ち、40度以下なら副交感神経が優位に立つので、夜の入浴には心身ともにリラックスできる40度以下が適しているのです。

 

ぬるい湯にゆっくり浸かると、自然に発汗してきます。冷えたカラダの奥から温まってくるからです。これは、カラダがむくんでいる人にも効果的です。

 

湯の熱、つまり「気」のエネルギーが身体に入り、内装や腎臓の血流が増え、尿の量も増えて、スムーズに体内の水分を外に排出してくれるのです。入浴したあとに、トイレに行きたくなるのはこのためです。

 

寝る前に最低10分、できれば30分くらい、本でも読みながらゆっくりつかってください。

 

シャワーでサッと済ます人も多いかもしれませんが、カラダを温めるという意味では十分ではありません。カラダが芯まで温まらないうえに、水滴がカラダの熱を奪いとって、かえって冷えがひどくなってしまうのです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ