夏でもインナーを着よう

夏でもインナーを着よう

暑い夏、つい女性はキャミソールとかタンクトップを着たくなります。カラダに触れるものが少ない方が涼しいと思うからでしょう。ところが、実は夏こそインナーを着ることが、ダイエットのためにはいいのです。

 

夏にかく汗は、そのままだと気化するときに体から熱を奪っていくので、カラダが冷えてべとべとになってしまいます。でも、インナーを着ていれば、汗をインナーが吸い取ってくれるので、身体が冷えないのです。

 

極端に汗っかきの人は、小さめのタオルを胸や背中などの汗をかく場所に入れておくと、身体を冷やさずにすみます。小さいタオルは、汗をかいたら取り出して変えることができますから、とても便利です。

 

とくに夏は、外出したら大汗をかきます。それが電車に乗ったり、デパートに入ったりするとスーッと冷えてしまう。これがとてもよくないのです。

 

女性がブラジャーにTシャツで短パンを履きたい、どうしても薄着をしたいというのなら、Tシャツの下にキャミソールを1枚でも着ましょう。なぜなら、汗取りになるばかりでなく、重ね着することで断熱効果があるからです。

 

断熱効果は、寒い冬に服を温めるばかりではありません。暑さも遮断してくれるのです。砂漠の人たちが、体全体をすっぽり覆う服を着ていますが、あれは暑さを遮断するためなのです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ