生活活動量

効果的に生活活動量を増やす工夫

有酸素運動のエネルギー源は、脂肪と糖質が半々です。運動をしていないときのエネルギー源もほとんど同様で脂肪と糖質が半々です。割合という意味では、有酸素運動も基礎代謝も同じです。

 

しかも、通常の生活をしている限り、エネルギー消費の6割は基礎代謝によるものです。そして、エネルギーの最大消費者である筋肉を増やし、トータルな代謝量を増やそうというのが筋トレの目的なのです。

 

週に2、3回適切な負荷による筋トレができたなら、何がなんでも有酸素運動も、という必要はないのです。ただし、有酸素運動をプラスできれば、さらに体脂肪消費の効果が高まるのは確実です。

 

筋トレのあとは、場合によっては、6時間も脂肪分解が高い状態が続くのですから、そのタイミングで、ウォーキングでも何でも、できる範囲で有酸素運動をプラスすれば、たいへん効果的だということです。

 

週に2、3回、筋トレをしていれば、コマ切れでも分割払いでも効果があるのですから、できるだけ有酸素運動も心がけていただきたいと思います。

 

とはいっても、仕事をしながら週に何度も運動する時間を設けるのは難しいと思います。その場合、筋トレをして代謝の高い状態に保っておけば、生活活動量を増やすといった程度のことでも効果は十分に期待できます。

 

「通勤途中、エスカレーターを利用していたところを階段に変える」「職場ではなるべく、エレベーターの利用を避け、階段を利用する」「天気のよい日には、一駅前で降りて、歩く距離を長くする」など、意識をすれば、生活活動量は意外なくらい容易に増やすことができます。ぜひ工夫をして、生活活動量をアップしてください。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ