エネルギー収支

体脂肪1kg減は何日分の食事量に相当するか?

ダイエットとは、エネルギー収支をマイナスにすることです。となると、何かを食べるだけで痩せるということがあり得なくても、食べなければ確実に痩せるはずだということになります。

 

痩せるか痩せないかといえば、確かに痩せます。摂取したエネルギーが消費したエネルギーより少なければ、一時的であっても痩せることは間違いありません。

 

とりあえず体脂肪を1kg 落とすにはどうしたらいいかを考えてみましょう。たとえば、1日平均2500kcal を摂取している人がいるとしましょう。この摂取量で体重の増減がほぼなければ、1日平均2500kcal のエネルギーを使っているといえます。

 

仮に3日間絶食すれば、7500kcal の赤字が発生しますから、使ったエネルギーがすべて脂肪でまかなわれていれば、体脂肪1kg が減るという計算になります。実際のエネルギー源は脂肪と糖質半々ですから、脂肪1kg 減らすには基本的には7000kcal ではなくて、1万4000kcal 消費しないといけないということになります。

 

ということは、3日間の絶食ではありません。その倍、6日間が必要です。実際には、完全な絶食などしたら命に関わりますから、最低限の栄養を補給したとして、約1週間、ほぼ何も食べなければ純粋な脂肪量として1kcal 落とすということは可能。そういう計算になります。

 

いかに食事制限のみによるダイエットがたいへんかということがわかるでしょう。2週間、絶食して、落ちる体脂肪はたった1kg。これをしっかりと理解してほしいのです。理解すれば「楽々10日で5kg 減量」などという広告に、これはおかしいと気づくことができるのです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ