体脂肪が減る

運動をしていないときに脂肪を消費する

3ヶ月間、筋トレすると、安静時代謝が5パーセント〜7パーセントくらい増えます。中肉中背の平均的な成人男子なら、1日あたりにすると、100キロカロリー〜150キロカロリー増えるということです。これは、45分〜60分間のウォーキングによって消費されるカロリーとほぼ同じです。

 

ウォーキングなどの運動は、運動を行なったその日だけエネルギーが消費されるのですが、安静時代謝は、何もしなくても毎日加算されます。1年365日、毎日、消費されますから、これだけで、3日に1度、45分のウォーキングをする3倍ものカロリーが消費されることになります。

 

1年で3kg 体脂肪が減るということです。プラス3日に1度、45分のウォーキングをすれば、プラス1kg ですから、1年間で4kg 減らすことが可能ということです。

 

体重ではありません。体脂肪だけで4kg 減らせるのです。2年続ければ8kg 。これはもう、たいへんな数字です。メタボリックシンドローム予備軍程度の人なら、体脂肪8kg 減はなかなかの数字といっていいでしょう。

 

ここで示した数字は、筋肉量を増やしたあとのことです。すぐには筋肉は増えませんから、相応の努力をしないとこの数字は実現しませんが、「筋肉を動かすと、即、代謝が上がる」という現象。しかも「代謝が高い状態が、6時間以上も続く」ということです。

 

ということは、筋トレに並行して行なう有酸素運動は、筋トレのすぐあとでなくてもよいということです。

 

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ