体脂肪 消費

有酸素運動で体脂肪を消費する

体脂肪を分解するためには、先に筋トレーニングをすることが重要です。さて、分解された状態で脂肪がどうなるかというと、血液になって体中をグルグル回っています。しかし、そのままでは消費されません。燃やさないと脂肪を消費したことにならないからです。

 

積極的に燃やすには、そう、有酸素運動です。もちろん、とくに運動をしなくても燃焼されますが、積極的に燃やすには、有酸素運動が効果的です。

 

脂肪が分解されている状態で有酸素運動を行うと、分解され、血液中にある脂肪が燃料として燃やされます。ここで初めて「運動によって体脂肪を消費した」というプロセスが完結します。

 

一連の運動にかかわる仕組み、体脂肪に対する働きをこうして振り返ってみると、非常にうまくできているシステムだとあらためて思うのですが、みなさんはどう感じられたでしょうか。

 

もっとイメージしやすいよう、別の言い方をしてみましょう。どんなものでも動くためには、エネルギーが必要です。筋肉も同じく動かすためには、エネルギーが必要です。

 

そして、筋肉は、動くためにエネルギーをくださいという信号を物質として出すのです。それが脂肪に作用し、脂肪に分解されて、エネルギー源として筋肉に供給され、脂肪が消費されるのです。そういう仕組みなのです。

 

筋トレでは脂肪を直接的には消費しませんが、筋肉を増やす、増やさないまでも維持することによって、代謝の高い身体をつくる。さらに、筋肉を動かした後には、脂肪を燃焼しやすい状態をつくってくれるのです。

 

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ