脂肪 燃焼

成長ホルモンでさらに体脂肪の分解が進む

体脂肪を消費するステップには、分解と燃焼の2つの過程があります。まず脂肪を「分解」し、その分解した脂肪を「燃焼」するという、2ステップです。

 

この2つを完結させて、初めて体脂肪が消費されるということになります。単に脂肪を消費するという言い方もしますが、実際には2つの現象に分けることができ、かつ、二つとも満たさないと、脂肪を消費したことにはならないのです。

 

体脂肪というのは、脂肪組織の脂肪細胞に中性脂肪という形でたまっています。これを分解するということは「脂肪酸」という酸と「グリセロール」というアルコールの2つの物質に分解するということです。

 

体脂肪の分解には、交感神経とホルモンがカギになります。交感神経というのは、身体が強く活動したときに働きます。一方、睡眠時、休息時に働くのは、副交感神経です。

 

運動すると、交感神経が活性化され、副腎からアドレナリンが分泌されます。そして、このアドレナリンは脂肪の分解を促進します。筋トレによって脂肪は消費されませんが、分解はするということなのです。どんな筋トレでもそれなりに分解はおこりますが、うまく筋肉を動かすと「成長ホルモン」というホルモンが分泌されます。

 

この成長ホルモンがすごいのです。アドレナリンよりも、もっと強く脂肪を分解する作用を持っているのです。脂肪を分解する、いちばん強いホルモンといっていいでしょう。

 

しかも、成長ホルモンが脂肪を分解するという作用は、成長ホルモンの分泌そのものが終わった後も続きます。最低6時間は続きます。筋肉運動後に6時間は代謝の高い状態が続く、といった理由はここにもあります。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ