筋肉運動

筋トレ⇒有酸素運動

脂肪を燃焼させる“順番”は、筋トレ⇒有酸素運動です。

 

筋トレと有酸素運動の順番を間違えてはいけません。順番を間違えると、脂肪の消費が上乗せになる、効果的な有酸素運動とはならないからです。

 

さらに、もう一つ大切な理由があるのです。研究の結果、筋肉に負荷をかける筋肉トレーニングをすると、筋肉からさまざまな物質が分泌されるということがわかってきました。

 

筋肉はエネルギーの一番の消費者であるだけでなく、内分泌器官としても働いているのです。筋トレ後に分泌される物質は、おもしろいことに脂肪組織に働きかけ、その分解を促進するものもあることがわかってきました。

 

たとえば筋肉をよく動かすと、交感神経が活性化し、副腎からアドレナリンが分泌され、脂肪の分解を促進し、代謝を高めます。筋トレ後に代謝が高くなる理由の一つです。

 

筋肉運動を先に行なうほうが効果的である理由はここにもあります。ところで、こうした体の内分泌器官の働きは、メタボリックシンドロームの原因とも直接かかわっています。

 

メタボリックシンドロームは、身体に蓄積された余分な脂肪が原因です。内臓脂肪はその量が多くなると、体脂肪自体が内分泌器官として働き、健康に害を及ぼすホルモンのような物質を分泌するのです。その中には、糖尿病、あるいは動脈硬化の直接の原因となる物質が含まれているのです。

 

一方、筋肉の場合は、動かすことで脂肪の分解を促進する物質を分泌するという、健康を保つためには貴重な役割を果たしてくれます。つまり、筋肉トレーニングによって、筋肉をよく動かすと、筋肉が内分泌器官として働く一方、交感神経を介して、脂肪の「分解」を促進します。その後の有酸素運動によって、分解された脂肪が「燃焼」されるのです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ