代謝 高い

大切なのは運動の“順番”

筋トレなどを行なって筋肉をよく動かしたあとは、筋肉量に関係なく、代謝が高い状態になり、それがしばらく続くのです。なぜこうしたことが起こるのかというと、筋トレによって筋肉に負荷がかかり、その負荷によるストレスを修復しようとする機能が身体の中で働くからです。

 

実験結果から確かめられている範囲では、少なくとも運動後6時間は、代謝のやや高い状態が続くことがわかっています。
アメリカの研究グループからは、48時間続くという報告もあります。だとすると、丸2日間、代謝の高い状態が続くということになります。しかも、その代謝の高い状態の間に脂肪の使われ方が上がることもわかりました。

 

ふだんなら糖と脂肪が使われる割合は5対5ですが、それが、4対6、あるいは3対7と脂肪が使われる率が明らかに高くなるのです。

 

その状態で有酸素運動をすればどうなるでしょう。代謝が上がり、しかも、脂肪がエネルギー源として使われる率が高い状態で有酸素運動をする。脂肪を消費する効率がよくなることは明らかでしょう。

 

たとえば、150キロカロリーの運動。ふだんなら、糖質と脂肪、それぞれ75キロカロリーずつが消費されますが、筋トレを行なったあとの有酸素運動では、糖質は60キロカロリーと低くなる一方で、脂肪は90キロカロリーも消費されることになるのです。

 

大切なのは「順番」ということです。まず筋トレをし、代謝の高い状態、脂肪が使われやすい状態をつくり、そのうえで軽いジョギングやウオーキングなどの有酸素運動すると効果的だということです。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ