有酸素運動

有酸素運動と無酸素運動の境界

ところで、有酸素運動と無酸素運動の境界をご存知でしょうか。短距離を全力疾走すれば無酸素運動で、ジョギングは有酸素運動となるわけですが、その境界は、意外と運動強度の低いところにあります。

 

徐々に運動の強さを増していき、ある限度を超えると、酸素を用いたエネルギーの生成だけでは追いつかなくなる瞬間が訪れます。その時点から、無酸素下でエネルギーを生成する状態が加わります。そこが、有酸素運動から無酸素運動に変わる地点です。

 

年齢にもよりますが、ごく普通に生活をしている中高年の場合、脈拍が1分間に110〜120を超えると無酸素運動が始まったと考えてよいでしょう。

 

有酸素運動のエネルギー源は、脂肪と糖質で半々、一対一です。大体50パーセントずつと考えていいのです。基礎代謝のエネルギーでも、脂肪と糖質が一対一です。

 

対して、無酸素下のエネルギー源は、100パーセント糖質になります。脂肪はまったく使われません。「やみ雲に何でも運動さえすればいいというものではない」という意味は、ひとつにはここにあります。

 

純粋な有酸素運動は、うっすら汗をかく程度の運動といえます。1分間の脈拍が120を大幅に超えてしまうような過激な運動、簡単にいえば、息が「ハァハァ」となるようではすでにやり過ぎで、そうなったら有酸素運動プラス無酸素運動となり、無酸素運動の部分では、脂肪をまったく消費していません。

 

アスリートとしての訓練ならともかく、脂肪を消費するための運動で、そこまでやってはずいぶん無駄をしていることになります。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ