食べても太りにくい食事のコツ

食べても太りにくい食事のコツを覚えましょう。

「朝晩ダイエット」には、特別な食事制限はありません。ただ、夜の体重を抑えるにはいくつかのコツがあるので、それを参考にするといいでしょう。

 

@好きなものを少しだけ食べるようにします。

 

A夕食はなるべく早く、できれば塩分を控えて軽めにすませましょう。

 

B間食はなるべく控えるようにします。

 

Cだらだらと飲み食いしないことです。

 

Dお腹がすいていなければ無理に食べる必要はありません。

 

難しいかもしれませんが、夕食を軽めにして早めにすませると夜の体重は抑えられます。食べ過ぎてはいけませんが、あまり無理をする必要もありません。また、塩分が多い食事も身体をむくませるもとなので、なるべくなら控えたいものです。

 

その代わりといっては何ですが、朝と昼はガマンせずに食べるといいでしょう。カレーや焼肉などのガッツリ系は食べるとしたら昼食にするほうがいいでしょう。

 

間食はできるだけ控え、小腹がすいたら、野菜スティックやスープ、冬ならおでんのこんにゃくや大根などがカロリーが低くダイエットにはピッタリの食べものです。ピーナツやアーモンドなどのナッツ類も少量であればと条件つきでOKです。

 

夜は、22時以降は脂肪を蓄積させやすくするBMLA1というタンパク質が増加するため太りやすくなり、また夕食の時間が遅い人は、内臓脂肪がつきやすいといわれています。夕食はできれば21時までに!を目安に摂るようにしましょう!

 

 

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ