ボディライン

ボディラインのターニングポイントは30歳と50歳!?

以前より痩せにくくなった、下腹が出てきて引っ込まない、多くの女性が感じていることでしょう。

 

大手下着メーカーのワコールは1964年から2009年まで45年間にわたる女性の体型変化を調査分析した結果では、加齢によって平均で体重が5kg 程度増える、と同時に身体の形、すなわちボディラインが変わっていくということがわかりました。

 

もっとも身体のラインが引き締まるのは20代後半。そこをピークに30代40代と徐々にウエストやヒップ、太ももや胸まわりもサイズが増えていきます。つまり、30歳が太りやすくなり始める、目安の一つといえそうです。

 

50歳を過ぎるとお腹まわりが胸まわりと同じ太さになる傾向がみられるようです。ちょっとショックな話ですが、女性は男性に比べて筋肉量も少なく、また筋肉は何もしなければ年々減少してしまいます。脂肪支えているのは筋肉ですから、体型がくずれてくるのは当然といえば当然かもしれません。

 

しかも、月経がある間、つまり女性ホルモンが分泌されている間はその働きにより、内臓脂肪がつきにくく動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが少ないとされています。

 

閉経の平均年齢は50歳前後。それ以降は身体の外側もそうですが、コレステロールや血圧など体内の数値の変化にも注意が必要です。でも大切なのは「太りやすくなること」を知っているかどうか。それによって暴飲暴食を避けたり、運動を心がけたり、予防ができるのですから……。

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ