急激なダイエット

急激なダイエットは太るもと

急激なダイエットがいかにいけないか、もうおわかりですよね。食事を極端に減らすため、栄養バランスが悪くなり、体調をくずすことになります。女性の場合、生理が止まるということも……。

 

急に食事を減らすと、太りやすくなることもわかっています。食欲抑制ホルモンであるレプチンの分泌が減るのです。急に食べる量が減ると、脳は痩せてはまずいと食欲を止めるレプチンの分泌量を減らすため、痩せにくくなるというわけです。

 

強いストレスが生じると反動でリバウンドしやすくなります。リバウンドは以前の体重に戻るだけでなく、それよりも増えることも……。努力が無になるどころか、太り始めるきっかけにもなります。

 

運動も同様、無理に始める必要はありません。ハードの運動は続かないのですから……。毎日歩く量を10分増やす、階段を上ってみる、それからでもOKです。もちろん、この機会にヨガやピラティスなどを始めるのもいいでしょう。

 

運動というよりも、毎日の活動量を増やすのもおすすめです。日常的な身体活動をNEATといい、1日の総消費エネルギーのなかでこのNEATを積極的に増やすのも効果があるのです。

 

NEATが多いと肥満になる確率が少ないといわれ、実際に、座ることが多い人ほど太っているという報告があります。通勤や仕事中、家事など日常の生活のなかで、積極的に動くようにしてみましょう。少しでも多く動くことを心がけるだけでも違ってきます。

 

関連記事

ホーム RSS購読 サイトマップ